ブログ何書く?答えは「キーワード」にあり。記事の書き方解説

ブログ
ブログ初心者
ブログ
始めたての私

アフィリエイト初めて見たんだけど誰も見に来てくれない。

ブログどんなことを書けばみてもらえるのかな。

せっかく時間かけて書いたのに何で人が来ないんだろう。

ブログを始めたての私はこう考えていました。

一口に「ブログ書く」って言っても、何について書けばいいんでしょうか。

そして、どうやれば見てもらえるようになるのでしょうか。

ブログでアフィリエイト収入を稼ぎたい!と始めた場合、多くの方が躓くポイントですよね。

本記事では、「見られるブログ記事の書き方」=「キーワード選定について解説していきます。

こんな人に見てほしい

  • アフィリエイトブログ始めたての人
  • 記事の書き方が分からなくて困っている人
  • 「キーワード」って何か知らない人

是非このような方に見てほしい記事です!

逆にこの様な方にとっては当たり前の情報となってしまうかもしれません。

見る必要のない人

  • 記事執筆のノウハウを持っている人
  • 「キーワード」って何か知っている人
なのでこの記事、ここから先は【ブログ初心者限定】とさせてください。

キーワード選定を意識しないとどうなる?(私の失敗談)

ブロガーとして基本中の基本ですが、私はキーワード選定を考えずに闇雲に100記事を書いた経験があります。

100記事も書くとPVは多少増えるのですが、それでも3000/月PV程度でした。

毎日執筆に数時間、ブログネタ用の英訳イベント参加など執筆以外にも時間をかけていましたが全く読まれませんでした。

更に、時々HITしたとしても何故この記事にアクセスが集まるのか

逆に面白いと思って書いた記事のアクセスが何故伸びないのかが分からなかったのです。

私の失敗談

  • 総記事数200越3000/月PV
  • 100日連続更新するも総収益は10000円以下
  • 頑張って書いた記事が読まれない
  • ゲーム系のブログなのに風邪薬が売れる

「キーワード選定」ってなに?

「キーワード」とは「googleの検索キーワード」のことです。

ブログ型アフィリエイトにおいては、「あなたの記事にアクセスするためにgoogleで入力する検索キーワード」を指します。

例えばこのブログの場合、「霞が関 SE せいや」で検索すると、私のTwitterやブログが検索結果に表示されますので、「霞が関 SE せいや」は当ブログの「キーワード」です。

「キーワード」は、あなたの記事の入り口でありであると言えるでしょう。

「キーワード選定」とは、記事がHITするためのキーワードを決める作業です。

実際にHITさせる方法はSEO対策と呼びますが、先ずは「このキーワードでHITさせたい。」と言うことをメモっておくだけで大丈夫です。

  • 「キーワード」とは、あなたの記事にアクセスするための検索ワード
  • 「キーワード選定」とは、記事の売り文句を決める作業
  • 「キーワード」で検索結果に表示されないと、読者に読んでもらえない

なんでキーワードは重要なの?

キーワードは執筆者と読み手を繋ぐ架け橋です。

キーワードを選定するということは、読み手の状況を想像することです。

この記事を読む人は何を考えてキーワードで検索するのでしょうか。
その時に欲しい情報とはなんでしょうか?

この情報こそがあなたが書くべき記事の内容になります。

あなたの記事のクオリティはキーワードで流入してきた読者の満足度なんです。

あなたの記事と読者はキーワードで繋がるため、書きたい事・伝えたい事にマッチしたキーワードを選定する必要がある訳です。

キーワード選定をしないリスク

  • 思ったキーワードでHITしない。
    →想定していた読者と繋がれない。(見てもらえない。)
  • 考えてもいなかったキーワードでHITしてしまった。
    →偶然来てくれた読者の不満に繋がる。(記事から直ぐ離脱してしまう。)

キーワード選定は非常に重要なのですが、自分の思うがままに選定すれば言い訳ではありません。

選定方法は別記事で解説いたしますが、この点だけ覚えておいてください。

キーワードには種類がある。
・見てもらえるキーワード(集客キーワード)
・お金になる(稼げる)キーワード(収益キーワード/商標キーワード)
・検索数が多いキーワード(ビッグキーワード)

キーワードで検索したときのHIT順の重要性

あなたが余程の有名人や文才があれば話は別ですが、「あなたの名前」ではなく記事の内容で読者を増やすためにはgoogleなど検索エンジンでHITする必要があります。

裏を返すと、どれだけ良い記事を書いても検索結果に表示されなければ読んで貰えないと言えます。

更に言うと、検索結果の上位に表示されなければ読んで貰えません。

HITすれば何でもいいわけではなく上位を狙っていく必要があります。

それがSEO対策になります。

具体的に、googleの表示順が違うとどの程度流入量が変わるのでしょうか。

検索順位別のクリック率(CTR)

出典:NINJAS

1位と2位でも2倍近く差が出ています。

8位のクリック率は1%台と非常に低くなっています。

なので、検索結果上位に来ることがとても重要です。

SEO対策についても別記事で記載しますが、要点は以下です。

SEO対策はgoogle様ではなく読者が決める。
・読みやすいタイトル
・同じドメイン(ブログ)で同じキーワードで複数書いている(ドメインパワー)
・キーワードの挿入が適切(挿入位置・数)

来てくれた読者を満足させよう。

さあ、あなたが選んだ検索キーワードで実際に読者がブログに来てくれました。

そんなとき、あなたはどんな記事を提供すべきでしょうか。

「誕生日にチョコレートケーキを買いたいな」という読者に対して、お勧めのプロテインを紹介しても意味がありませんよね。

記事のキーワードと内容の整合性は読者の満足度にとても重要です。

記事に満足してくれた読者はあなたのブログのファンになって定期的に足を運んでくれるかもしれません。

つまり、キーワード選定をすることで、自分が何を書けばいいのか。が明確になるのです。

もし記事を書いてみて、思った通りのキーボードでHITしない場合は、SEO対策やリライトを行いましょう。

繰り返しになりますが、読者の満足度を向上される最も重要な要素はニーズを満たしているかです。

読者のニーズはキーワードが指標になります。

逆にキーワードがないと、どう改善していけばわかりませんので、記事を書く際は必ずキーワード選定を行ってください。

  • 「キーワード選定」で、あなたの記事に書くべき内容の指標が出来る。
  • 選定「キーワード」と、実際のHIT結果で正しく出来ているが判断できる。
  • 「キーワード選定」で、読者が想定できるのでアフィリエイト商品も選びやすい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました