【転職】市場価値を確認する最も簡単な方法(給料に不満がある人必読)

IT

自分の市場価値っていったいいくら?

もっと給料もらってもいいんじゃないか…?

転職したら給料いくらくらい貰えるの?

調べたいけど転職サイト・エージェントに登録するのは面倒くさい!

この様な疑問に答えます!

特にお仕事を頑張っている方ほど、

ブログ初心者
 

頑張ってるんだからもっと給料が欲しい!
うちの部署で私が抜けたら回らないのにどうして周りと給料が同じなの?

と感じる傾向にあります。

しかし、いざ会社を辞めると周囲に伝えて転職活動を始めても思ったほど市場価値が高くなかったら…

そこで、忙しい人でも簡単に市場価値を調べることができ、客観的に「いまの給料の妥当性」を確認する方法を解説します。

調査結果で「自分にはもっと多くの給料をもらえる力がある」と確信できれば、強気に給料交渉したり、自信を持って転職活動が出来ますよね。

実際、私が調べた転職先では今の職場より100万円も高い年収を提示されました。

それは私の努力が間違っていないこと、世の中に求められていることの証でした。

結果私は自分の仕事に自信をもって前向きに働くこと、そして、更なる市場価値向上を目指してスキルアップに取り組めるようになりました。

あなたは適正な給料をもらっていますか?

自信をもって前向きに働けていますか?

迷いなく働くために、今のあなたの市場価値を知る必要があります。
そこで本記事では「市場価値を簡単に確認する方法3選」を紹介していきます。

この記事を読みほんの少し行動するだけで自分の市場価値を確認することができます。

市場価値を確認すれば、あなたは迷いなく「スキルアップ」や「転職活動」を始めることができるでしょう。

転職経験者へ相談する

この方法が一番信頼できる方法かも知れません。

身近な人で転職経験者が居ればその人に話を聞いてみましょう。

自分が興味のある会社の社員の方の意見も非常に参考になります!

私自身いろいろな方々にお話しを伺いましたが、自分との価値観の違いや、目先の仕事に囚われて広い視野で物事が見えていないことに気付けました。

友人(26歳)
ソフトバンク→サイバーエージェント→ベンチャー企業
大学の先輩(36歳)
NTTデータ→Microsoft→AWS
大学の先輩(32歳)
野村総合研究所

転職を経験されている方は、「30歳で1000万円」のように経済的な目標も口にしますが、「あなたは何が出来る人なの?」というところに着目することが多いです。

その際に、「私は○○が出来る人間です」と言える状態になっていれれば転職の準備は出来ていると言えるでしょう。

もし身近に転職経験者がいない場合は、このブログを始めネット上でもたくさんの経験談がありますので、そちらも参考にしてみるといいですよ。
※ちなみに私はmotoさんをよく参考にしています。

転職サイト・エージェントに登録する

二つ目の方法は転職サイト・エージェントに登録するです。

あくまで転職ではなく、市場価値を図るためですので、面倒ですしエージェントの方に申し訳ないな。と感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、その心理的ハードルを越えることが出来れば転職のプロに相談することが出来るので非常に心強いです。

私は20代のうちに絶対に転職サイトに登録すべきだと考えています。

市場のニーズと相場感が掴める

求人情報を見ると、今どのような職種、能力が市場で求められているのか、それは大体どれくらいの年収水準なのかを知ることができ、自分のスキルと比較して見てください。

スキルに値札(年収水準)が付いている状態で、自分の持っているスキルと照らし合わせると大体今の自分の立ち位置がわかってきます。

 

市場のニーズと相場感が掴める

転職サイトに登録すると、職務経歴書を登録するように求められます。

これは少し面倒ではありますが、是非一度書いてみることをおすすめします。
なぜなら、職務経歴書を書いて、自分でそれを眺めてみることで、自分だったらこの人間を欲しいと思うのか、要らないと思うのかが何となく見えてくるからです。

この感覚を持つことで、必要な人間になるためには職務経歴書になんて追記したいか。そのためにはどういった仕事をこなすべきかが見えてきます。

 

動き出すことでものの見方や気持ちが変わる

転職は大きな労力が必要ですし、心理的なハードルも高いです。

しかし、無料でお試し的に自分の市場価値を確かめてみたい。それも充分な登録理由になります。
実際に登録してみることで、本腰を上げて活動を始める人もいれば、今の仕事へ迷いを捨てて取り組める人もいます。

あまり重く考えずに気楽に登録してみることが大事です。

初めての方におすすめしたいのはパソナキャリア です。
登録するだけで様々な求人を見ることができますし、非公開案件のオファーがくることもあります。

また、IT業界のプロエージェントに気軽に相談したいという方は、マイナビエージェント×IT への登録もおすすめします。
まずは情報収集だけしたいという方でも、きちんと相談に乗ってくれるエージェントです。

そして、20代の方に絶対にお勧めしたい転職エージェントがマイナビジョブ20’sです。
若手に特化した求人と30代以降もターゲットにした求人は全く質が違います。
転職エージェントは良い・悪いではなく、自分に合ったものを利用することが一番大切です。
20代向けの転職エージェントの中でも特にカウンセリングを大切にしているマイナビジョブ20’sをお勧めします。

こちらの記事でより詳しくお勧めエージェントを紹介しているので参考にしてください。

市場価値を確かめるツールを使う

最後に一番簡単で、5分程度で計測できるミイダスというツールを紹介します。

転職活動に興味を持つためにも、手軽に始める第一歩として利用してください。

ミイダスを使えば、無料で最も簡単に自分の市場価値を判定することができます。
必要なステップは年収・業界・職種を入力するだけ。
あなたがどれくらいの年収をオファーされるか、即座にわかるようになっています。

「MIIDAS」の画像検索結果

また、登録時に入力した簡単な職務経歴をもとにあなたに興味のある企業からオファーが来るため、書類で落ちるなんて無駄な時間を掛けることなく、スムーズに面接することが出来ます。

非常に簡単ですが、オファー案件の質にバラつきがあるのであくまでも参考程度(オファー年収から100万~50万ほど引いた額が市場標準)にしてください。

ただし、今は簡単に市場価値を図れる時代です、同僚が市場価値を気にしながら働いているのに、あなたは目先の仕事をこなすことしか考えて居なければ将来大きな差が開くことは間違いありません。

今からでも全く遅くありませんので、先ずは市場価値を確認してみることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職を検討している人も、していない人も「自分の仕事が世の中でどう評価されるのか」を知ることは非常に重要です。

私は、実際に「友人(26歳)が転職しやりたい仕事ができ、500万から750万に年収が上がった」「大学の先輩(36歳)が転職し750万から2000万に年収が上がった」という体験を身近で見てきました。

2人に共通しているのは、

  • 転職を「悪いこと」だと思っていない。
  • 自分の市場価値把握し、価値を向上させる必要性を知っている。

ことでした。

それ以来私も「大企業にいても常に市場価値を意識すること」を心がけています。

たったそれだけで仕事への取り組み方、プライベートの時間での勉強への意欲が激変しました。

是非皆さんも意識して日ごろから行動することで、前向きに仕事に取組み、正しい努力を積み重ねていきましょう。

コメント

  1. たかさん より:

    市場価値を意識する。すごく大事ですよね。

    • せいや せいや より:

      たかさん
      コメントありがとうございます!
      意識することでスキルアップやストレスの軽減にもつながるので、
      転職をするしないに関わらず非常に重要だと思っています。
      この記事で一人でも多くのかたに大事さを再確認してほしいです^^

タイトルとURLをコピーしました